初心者の為の美肌マニュアル!【いぼや毛穴のお悩みに】

いぼの治療と予防

カウンセリング

いぼの治療

いぼはどうやって治療したらいいのかご存知ですか?これから簡単に紹介していきたいと思います。まず、いぼは感染経路があまりよくわかっていません。ですから、どんな生活をしていても完全に予防することは難しいのです。だからこそ、なってしまった時の対策が重要になってきます。初期であれば切除することなく治療が可能な場合もあります。「もしかして、いぼ?」と思ったら、早めに受診するようにしましょう。主ないぼの治療は4種類あります。まずは切除手術です。比較的大きないぼや特殊な場所にある場合に使われます。ピセットやハサミ等で切除するので、根本的な治療が可能で再発可能性も低いです。しかし、切除するための手術が必要になる負担や、手術跡が残るリスクがあります。また、経過観察の為に継続して通院すつ必要があるなど、大掛かりな治療になりがちです。2つ目の治療法はレーザー治療法です。現在では最もスタンダードな方法と言われています。いぼの大きさによってレーザーの出力を変えることができますので、いぼに合わせた治療が可能です。また、出血や痛みも少なく、きれいな仕上がりになります。しかし、施術後に赤みや瘡蓋がのこることがあります。3つ目の治療は注射治療です。ブレオマイシンという殺菌作用のある注射をすることで、いぼのウイルスを根絶させる方法でウイルス性のいぼに効果があります。しかし、注射による副作用として、痛みや水ぶくれを起こすことがあります。4つ目の治療法は薬剤治療です。ヨクイニンという薬を飲むことで、体内からいぼに働きかける方法です。痛みがないので、子供など、切除やレーザー治療が難しい場合に有効です。しかし、成人の場合は身体が大きいので、薬剤がいぼに効果を表すまでにかなりの時間がかかりますので、あまり効率的とは言えません。これらの知識を参考に美容外科に相談してみるといいですよ。

いぼの予防

いぼの予防は難しいと言われています。なぜかというと、前兆がなく突然発生する場合が多いからです。特別なことがなくてもできてしまうのがいぼですので、日頃の対策が重要になってきます。ウイルス性のいぼは感染経路を断つことが有用です。感染の疑いがある場所に近づかないのはもちろん、もし、家族などにウイルス性のいぼに感染している人がいるなら、タオルやお風呂を共用しないことが重要ですし、触れたものはしっかり殺菌しておくことが必要です。特に免疫力の少ない、子供や高齢の方がいる場合には注意しておきましょう。加齢性のいぼは人に感染することはありません。しかし、肌にダメージを与える行動はなるべくしないようにしましょう。肌にダメージを与えてしまうと、脂漏性角化症になり、20代でもいぼが出てくることがあります。紫外線を防止することやバランスの良い食生活、十分な睡眠時間を保つようにしましょう。

Copyright© 2019 初心者の為の美肌マニュアル!【いぼや毛穴のお悩みに】 All Rights Reserved.